横浜市水道局におけるNMRパイプテクター効果検証

横浜市

横浜市水道局では、鶴見公舎給水管での赤錆防止及び残留塩素減少防止効果の確認(第1回試験)と水道配水管(水道本管)での残留塩素減少防止効果検証(第2回試験)を踏まえ、水の使用が少ない水道契約数の少ない住宅地を選定し、どの位まで水の使用が少なくてもNMRパイプテクターの適用が可能かの試験を平成28年3月水道枝管(50A)を使用して、住宅戸数が少ない寺前二丁目地区と港南中央地区を選びNMRパイプテクターの防錆効果と残留塩素低下防止効果の試験を実施しました。50Aの配管の防錆効果を示す目安は、約30戸の住宅が使用する、1日当たり15t程の水の使用量が必要となります。

それに対し寺前二丁目地区では採水場所の下流側は18戸、また、港南中央地区では採水場所の下流側の住戸は僅か3戸である為、いずれにしても両地区はNMRパイプテクターの機能を発揮する最低限の水の使用量が確保できない為、その効果は明確に表れませんでした。その為、寺前二丁目地区と港南中央地区はNMRパイプテクターの適用は不適と判断し、横浜市水道局におけるNMRパイプテクターの防錆効果及び、それに伴う残留塩素低下防止効果の検証は両地区以外にNMRパイプテクターを適用するのに適した場所がない為終了しました。

現在、一部の自称学者を名乗る者がNMRパイプテクターの営業妨害を目的に、横浜市水道局のこの適用外の条件の3回目の試験結果だけを取上げ、NMRパイプテクターは効果がないとネットを利用し誹謗中傷を行っていますのでご注意ください。

この様に世の中の全ての装置はその適用範囲が有り、適用外の条件での使用は効果を発揮しないのは当然と言えます。

NMRパイプテクターの効果を出す物理現象の最も大切な条件は水の運動エネルギー、つまり水の使用量が確保できるかであります。NMRパイプテクターは使用する配管径により、その水の使用量が規定されています。

関連外部リンク

水道事業におけるNMRパイプテクター®-NMRPT-の可能性